12月1日から東北地方高速道路の無料開放が始まる。東北地方被災地の無料開放では対象車種を全車種に拡大する。観光振興を目的として被害地以外の東北地方の有料道路でも無料開放されるが、その拡大区間については土日祝日だけの開放となる。

東北地方被災地で無料開放される道路は、東北道、常磐道など12区間。ETC車と現金車のどちらも無料開放の対象となるが、走行した区間だけが無料になる。避難者が被災証明や罹災証明など必要な書類を提示して通行する場合は、無料区間を含む有料区間すべてが無料となる。

また、土日祝日に限り、無料開放区間を青森、秋田、山形などの有料道路(11区間)に拡大して実施するが、この場合はETCを搭載した普通車、軽自動車、二輪車に限られる。観光振興を目的とするため、休みに挟まれた1月3日と3月19日についても連続して無料開放する。

実施期間は12年3月31日24時まで。今年度の3次補正予算で手当された分を超える来年度の継続は、来年度の予算編成で検討される。

無料対象区間
全日、全車種
●東北道(安代IC〜白河IC)
●八戸道・百石道路を含む(下田百石IC・八戸IC〜安代JCT)
●秋田道(湯田IC〜北上JCT)
●釜石道(東和IC〜花巻JCT)
●山形道(村田JCT〜笹谷IC)
●磐越道(いわきJCT〜西会津IC)
●三陸縦貫道・仙塩道路(利府中IC〜仙台港北IC)
●常磐道(富谷JCT〜利府JCT、仙台港北IC〜山元IC、広野IC〜水戸IC)
●仙台松島道路(鳴瀬奥松島IC〜利府中IC)
●仙台南部道路(今泉IC〜仙台南IC/仙台南JCT)

観光振興として拡大する無料対象区間
土日祝、普通車・軽自動車・二輪車でETC利用限定
●青森道(青森東IC〜青森JCT)
●東北道(青森IC〜安代IC)
●秋田道・琴丘能代道路・秋田外環道路(八竜IC〜湯田IC)
●日本海東北道(河辺JCT〜磐城IC、荒川胎内〜新潟中央JCT)
●東北中央道・湯沢横手道路・米沢南陽道路(南陽高畠IC〜米沢北IC、東根IC〜山形上山IC、横手IC〜湯沢IC)
●山形道(笹谷IC〜月山IC、酒田みなとIC〜湯殿山IC)
●磐越道(西会津IC〜新潟中央IC)