タタモーターズのインド向け超低価格車、ナノの改良モデル

インドのタタモーターズは21日、『ナノ』の改良モデルの概要を明らかにした。

ナノは2009年7月、インドで発売。インドで初のマイカーを購入する層をターゲットにした超低価格車で、11万2735ルピー(当時のレートで約20万4000円)からという現地価格が話題となった。

そのナノが、デビュー以来、初の改良を実施。新しいボディカラーの採用やインテリアのアップグレードなど、クオリティを高める改良が施された。

燃費の向上にも注目できる。リアに置かれる624ccの2気筒ガソリンエンジンは、最大出力が35psから38psへ、最大トルクは4.9kgmから5.2kgmへ向上。それでいて、ARAI(インド自動車検査協会)の認定燃費は、25.4km/リットルと、従来の23.6km/リットルに対して7.6%の改善を果たす。

また車両重量が600kgと軽いこともあり、CO2排出量性能も優秀。従来の101g/kmから92.7g/kmへ低減された。同社は、「インドで最も低いCO2排出量」と説明する。

さらに、サスペンションの設定を見直し、乗り心地とハンドリング性能を向上。ベースグレードの「スタンダード」にはブレーキブースターを追加。上級の「CX」と「LX」グレードには、助手席側にもドアミラーを追加装備し、スタンダードにはオプションで新たに用意した。

タタモーターズのマネージングディレクター、P. M. テラン氏は「ナノの顧客の90%以上が高い満足度を示している」と述べ、その完成度に自信を見せている。