ホンダ・タウンウォーカー

ホンダの汎用製品のカテゴリから出品される“モンパルの未来形”は、まるでカタツムリのようなスタイルで登場する。

その名も『タウンウォーカー』。誰もが気軽に“街乗り”できる軽量・折り畳み式電動カートだ。

これまでモンパルは、“お年寄りの移動手段”というイメージだったが、このカタツムリのターゲットは、「妊娠中の女性や、足の不自由な方々、そのほかいろいろ」(同社関係者)と幅広くとっている。

「ターゲットは広く、クルマは小さく」(同)というタウンウォーカー。サイズはモンパルよりも小さく、しかも折りたためて軽いという点を同社関係者はアピールしていた。

「例えば、スーパーマーケットなどにも入れるように、横幅は買い物カートと同程度の幅にしている。また、マンションのエレベータなどにもそのまま乗り入れられるように、縦横のサイズや重さを意識した」(同)

小さくするだけなら比較的容易だが、“中身”に難点が出てくるという。

「小さくすると今度はスタビリティなどで難しい点が出てくるが、そこは電子制御や電子デバイスなどを積極的に採用しながら安全性を高めていきたい」(同)

“電子化するカタツムリ”。関係者は最後に、「実はドライブ・バイ・ワイヤを想定しています」と語っていた。