太陽光発電と蓄電池を組み合わせた防災対応型EV急速充電システム「PV-EVシステム」

GSユアサは21日、太陽光発電と蓄電池の組み合わせで、電気自動車(EV)を急速充電するシステム「PV-EVシステム」を発売した。

機器は太陽電池、リチウムイオン電池、EV用急速充電器を組み合わせたシステムで、災害などによる停電時に防災型電源としても利用することも可能という。

システムは、太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、蓄えた電力でEVを急速充電する。夜間や日照の少ない時は電力会社からの電力を利用し、リチウムイオン電池への充電が可能。発電した余剰電力はパワーコンディショナを介して系統連系により電力会社へ売電することもできる。

自然エネルギーで発電した電力をEVに充電して走行することで、発電からEV走行までCO2排出量をゼロにすることができる。

設備は、GSユアサが三菱商事、三菱自動車、リチウムエナジー・ジャパンと今年1月26日から京都市内で実施した電気自動車用リチウムイオン電池2次利用の事業開発のための実証試験で使っていたものと同一の設備。今回のシステムでは蓄電池は2次利用品ではなく、開発を完了している産業用リチウムイオン電池「LIM50E-8型モジュール」を使用する。

将来的にはリユース品の利用も可能で、資源の有効活用を通じて環境負荷の低減が可能としている。

価格は税期・工事費など別で1200万円。年間100システムの販売を目標とし、2012年には12億円の売上を目指す。

i-MiEV GSユアサ仕様