日産 NV2500 ハイルーフをベースにした移動販売車、「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様(ロサンゼルスモーターショー11)

16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11。日産自動車のブースでは、移動販売のフードトラックがにわかに注目を集めた。

日産は2010年3月、北米市場向けのフルサイズバン、『NV』を発表。全長は6119mm、全幅は2030mmと、まさに巨大。米国フルサイズバン市場に日本メーカーから初参入したのがNVだった。

今年のロサンゼルスモーターショーでは、このNVの「NV2500ハイルーフ」をベースにした移動販売のフードトラックを提案。イエローのボディカラーのモデルは、ロサンゼルスで有名な「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様だ。

イエローの大型ボディに、全高約2mというハイルーフの組み合わせは、ショー会場でも存在感抜群。16〜17日のプレスデーには、報道関係者の胃袋を満たしてくれたのは言うまでもない。

日産 NV2500 ハイルーフをベースにした移動販売車、「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様(ロサンゼルスモーターショー11) 日産 NV2500 ハイルーフをベースにした移動販売車、「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様(ロサンゼルスモーターショー11) 日産 NV2500 ハイルーフをベースにした移動販売車、「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様(ロサンゼルスモーターショー11) 日産 NV2500 ハイルーフをベースにした移動販売車、「ザ・グリルド・チーズ・トラック」仕様(ロサンゼルスモーターショー11)