東風日産の自主ブランドモデル、ヴェヌーシアD50(広州モーターショー11)

東風日産乗用車(東風日産)は、11月21日から開幕した広州モーターショーで、自主ブランドモデル、ヴェヌーシア(中国名=啓辰)『D50』を公開した。2012年上半期に発売される最初の量産車。

東風日産は中国における日産の合弁会社、東風汽車有限公司の一事業部で、乗用車の開発、生産、販売を担当する。自主ブランド名の「ヴェヌーシア」は、古代ローマ語で「金星(ヴィーナス)」を意味する。

D50は中級セダンで、東風日産の開発部門である東風日産テクニカルセンターが開発した。ヴェヌーシアブランド全体のデザインテーマとなる「鳥が羽を広げ今にも飛び立とうとしている姿」をイメージした「飛翔」を体現するとともに、本格的なセダンらしさや信頼性などをキーワードに開発した。

東風日産の松元史明総経理は「D50量産車も完成し、販売店との契約は予定を上回るペースで進んでいる。中国の顧客のカーライフをより充実させるために、2012年上半期の投入に向けて、準備を加速させてる」と述べた。

2012年上半期のD50の発売時には、ヴェヌーシアの専売店舗数は100店になる予定で、既に深セン市に旗艦店を完成、トレーニングを始めている。ヴェヌーシアディーラーは、既存の東風日産ディーラーとアフターサービスの一部を共用する予定。

東風日産は、ヴェヌーシアブランドで2015年までに5モデルを投入し、250店舗体制で年間30万台の販売台数を目指す。

東風日産の自主ブランドモデル、ヴェヌーシアD50(広州モーターショー11) 東風日産、広州モーターショー11 東風日産、広州モーターショー11