BMW X5 xDrive35d

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、日本のポスト新長期規制、ヨーロッパのEURO6に適合するディーゼル・エンジンを搭載した「BMWブルー・パフォーマンス」モデルを日本市場に導入すると発表した。

第一弾としてBMW『X5 xDrive35dブルーパフォーマンス』を2012年春から日本市場に投入する。

ディーゼル乗用車は一時期、国内市場から姿を消したが、メルセデス・ベンツ日本が販売を再開、マツダもディーゼル乗用車の国内市場投入を発表している。

BMWジャパンも低燃費、低CO2排出量で欧州で高い評価を受けているディーゼル・モデルの導入を検討してきた。市場環境の変化を背景に、ハイブリッド・システムモデルとともに、日本市場におけるBMWの環境戦略の重要な柱の一つとしてポスト新長期規制をクリアするディーゼル・エンジンを搭載したモデルの導入を決定した。

2012年春に日本で販売を開始するX5 xDrive35d BluePerformanceは、SCR(選択触媒還元)システムやDPF(粒子状物質除去フィルター)などの採用により、圧倒的な低排出ガス・レベルを達成し、日本のポスト新長期規制、ヨーロッパのEURO6をクリアする高い環境性能を実現している。

可変ジオメトリー・ターボチャージャー、新世代コモンレール・ダイレクト・インジェクション・システムを採用した3リッター直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力は245ps、最大トルクはV型8気筒ガソリン・エンジンに匹敵する540Nm。

このパワフルなエンジンに滑らかで精確なギヤ・シフトを実現した8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせることで、燃料消費量、CO2排出量を低減する。燃料消費率(JC08モード)は、11.0km/リットルを達成し、同じ3リットルの直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載したBMW X5 xDrive35iと比較して約30%も向上している。

モデルは第42回東京モーターショー2011のBMWブースに展示する予定。

BMW X5 xDrive35d