新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11

16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11。プレスカンファレンスを実施しなかったレクサスだが、新型『GS』の3タイプをモーターショーで全て揃えたのは、今回が初となった。

このGSとは、標準グレードの「GS350」、ハイブリッドの「GS450h」、スポーツグレードの「GS350F SPORT」の3種類。北米仕様の場合、GS350は3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力306psを引き出し、0-96km/h加速は5.7秒の実力だ。

GS450hは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用。トータル出力は338psで、0-96km/h加速は5.6秒。先代モデル比で30%以上の燃費向上も実現する。

GS350F SPORTはGS350をベースに、専用グリルや19インチアルミホイールといった「F SPORT」アイテムを装着。足回りにはアダプティブバリアブルサスペンションが組み込まれ、ハンドリング性能が引き上げられた。

米国トヨタ販売のレクサス部門、マーク・テンプリン副社長は、「新型GSファミリーが初めて揃った。新型は高級スポーツセダンの完璧な形だ」と、自信たっぷりにコメントしている。

新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11 新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11 新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11 新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11 新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11 新型レクサスGSの3タイプが初めて顔を揃えたロサンゼルスモーターショー11