フォルクスワーゲンの商用EVコンセプトカー、eT!

フォルクスワーゲンは18日、商用EVコンセプトカーの『eT!』の概要を明らかにした。

eT!は同社の商用車、『トランスポーター』(トランスポルター)の未来形を提案したコンセプトカー。フォルクスワーゲンの研究開発部門とドイツポスト(1995年に郵政民営化で誕生)が連携し、開発が進められた。

eT!の最大の特徴は、ゼロエミッションのEVという点。モーターやバッテリー(二次電池)の詳細は公表されていないが、モーターを4輪に内蔵するホイールハブモーターを採用。これは、室内スペースを最大限に取るための工夫だ。

また、配達効率の引き上げを目的に、一部自動運転方式を提案。フォルクスワーゲンによると、例えば住宅街を一軒一軒配達するような場合、歩く配達員の後をeT!が自動運転で追従できる機能が与えられるという。

ボクシーなボディには、大型スライドドアを採用。開口部は助手席から後席にまで及ぶワイドさで、乗降性を向上させている。

フォルクスワーゲンの商用EVコンセプトカー、eT! フォルクスワーゲンの商用EVコンセプトカー、eT! フォルクスワーゲンの商用EVコンセプトカー、eT! フォルクスワーゲンの商用EVコンセプトカー、eT!