NKSJホールディングスは株式相場下落による有価証券評価損や、タイ洪水など国内外の自然災害による保険金の発生が当初見込みを上回るとして2012年3月期の連結純損益予想を従来の160億円の黒字から120億円の赤字に下方修正すると発表した。

これで2期連続の赤字となる見通し。前期は129億円の赤字だった。タイ洪水を含む国内外の自然災害に伴う保険金の支払いとして900億円を今期見通しに織り込んだという。

傘下の中核会社、損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険も通期純利益予想を下方修正した。損保ジャパンは従来の270億円から150億円に、日本興亜は110億円から60億円にそれぞれ引き下げた。