S耐もてぎ戦では、ホンダ・コレクションホールのイベントでASIMOにも会える。©MOBILITYLAND

オーバル&ロードの“連日激闘モード”で開催される、スーパー耐久(S耐)シリーズ最終戦。11月26〜27日のツインリンクもてぎには、白熱のレース以外にも魅力的なイベントや特典がたくさん用意されている。

今年は震災による日程変更の影響も含め、国内4輪メジャーシリーズの最終戦が、いずれももてぎでの開催となった。そこで実施されているのが「秋の最終戦3連発 観戦キャンペーン」だ。

このキャンペーンは、3つの“もてぎ最終戦”のうち2つを観戦するならば有資格者。つまりSUPER GT最終戦(10月15〜16日)かFニッポン最終戦(11月5〜6日)のいずれかを観戦した人なら、対象チケット持参で今回のS耐もてぎ戦に行けば、レースの迫力をより間近で感じられる激感エリア(27日のみ)への入場が可能になり、さらにはショッピング時の割引サービスやオリジナルペーパークラフトのプレゼントなど、多くの特典を受けることができるのだ。3つフル観戦なら、もうワンランク上の特典も受けられるので、該当する人はSUPER GTとFニッポン、両方の対象チケットを忘れずに。

キャンギャルオンステージやピットウォークはもちろん、コースをマイカーで走行できる貴重な機会「がんばろう!日本 チャリティパレード」も26日に実施される(先着300名/参加費1台1000円)。クルマ好きのための自動車用品・部品の商品展示や即売会を行なう「アフターマーケットブース」も登場するし、栃木・茨城・群馬のご当地メニューを堪能できる「B級グルメフェア」も開催。また、数々の名車が居並ぶ“聖地”「Honda Collection Hall」では、あのASIMOの動くところを見られるスーパーライブや、車両の組立や走行を体験できるピット工房なども実施されるので、こちらも観戦ルートからは外せないポイントとなる。

ピットウォークへの参加やグリッドキッズ参加、あるいはA席ファミリーエリア入場券(別途観戦券が必要)などのコースが選べる「親子先着1000名様 レース特典!」も大きな魅力(両日とも実施)。ファミリー観戦の方々は、ぜひ早起きしてツインリンクもてぎへ。この1000名特典以外にも、キッズピットウォークの実施やピットウォークへのファミリー優先入場、表彰式のファミリーエリア設置などがあり、もてぎS耐最終戦は、とにかく家族連れに嬉しいレースイベントとなっている。

そして、これら観戦事前情報をもてぎのホームページでチェックする際には、26日の入場・駐車料が無料になるクーポン(同日のレース観戦当日券の500円割引にも使用できる)のダウンロード&プリントアウトもお忘れなく。

(※天候による変更等、イベントや特典の最新情報・詳細については、必ずツインリンクもてぎのホームページで確認してください)

多くのファンが訪れた、昨年のS耐もてぎ戦。©MOBILITYLAND 昨年のS耐もてぎ戦のステージイベント。©MOBILITYLAND 昨年のS耐もてぎ戦のグリッドキッズ。©MOBILITYLAND もてぎロードコースの90度コーナーは、やはり最高の観戦ポイントのひとつだ(写真のレースはSUPER GT)。©MOBILITYLAND オーバルコースとロードコースの両方を有するツインリンクもてぎ。©MOBILITYLAND ピット工房で車両の組み立てを体験。©MOBILITYLAND ホンダ・コレクションホールには、数々の名レーシングカーが並ぶ。©MOBILITYLAND