15日正午ごろ、福岡県北九州市小倉北区内にある駐車場で軽乗用車が暴走。車止めを乗り越えて約10m下の民家敷地内へ転落する事故が起きた。この事故で運転していた38歳の男性が軽傷。民家に居合わせた住人2人にケガはなかった。

福岡県警・小倉北署によると、現場は北九州市小倉北区篠崎3丁目付近にある駐車場。軽乗用車は駐車スペースからバックで出ようとしていたが、誤って前進。そのまま車止めを乗り越え、約10m下の民家敷地内へ転落した。

クルマは民家の屋根の一部を破壊し、建物と斜面の間に挟まるようにして停止。運転していた38歳の男性が肩を打撲する軽傷を負ったが、事故当時に家の中にいた住人2人にケガはなかった。

駐車場は高台にあるが、斜面側に転落防止用のフェンスなどは設置されていなかった。調べに対して男性は「運転操作を誤った」などと供述しているようだ。