アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11)

アウディは16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11において、『A3 eトロン』を初公開した。

同車は、『A3スポーツバック』をベースに開発したEVコンセプトカー。ボンネットにレイアウトされたモーターは、最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを引き出す。モーターのパワーは、シングルスピードのトランスミッションを介して、前輪へ伝えられる。

二次電池は、蓄電容量26.5kWhのリチウムイオンバッテリーで、車体中央とリアの床下にレイアウト。1回の充電で最大約140kmを走行できる。充電は230Vソケットで約9時間、400Vの急速チャージャーなら約4時間。0‐100km/h加速は11.2秒、最高速は145km/hの実力だ。

A3 eトロンの市販化計画は、現時点では不明。すでにアウディは、『R8』をベースにしたEVスポーツカー、『R8 eトロン クワトロ』を、2012年後半に発売すると宣言している。

アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11) アウディA3スポーツバックをベースに開発したEVコンセプトカー、A3 eトロン(ロサンゼルスモーターショー11)