リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11)

フォードモーターの高級車ブランド、リンカーンは16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11において、2013年モデルの『MKT』を初公開した。

MKTは、3列シートのフルサイズクロスオオーバー。2011年2月には、大型セダンの『タウンカー』の後継車として、リンカーンの新しいリムジンのベース車両に指名されるなど、名実ともに同ブランドのフラッグシップ車となりつつある。

その2013年モデルでは、フロントマスクを大幅に変更。リンカーンのアイデンティティの縦基調グリルは、さらに繊細さを表現したデザインに代わり、バンパーの形状も見直された。

パワートレインの熟成も、2013年モデルのテーマ。FF車用の3.7リットルV6ガソリンエンジンは、吸排気系の改良やカムシャフトタイミングの最適化により、最大出力を268psから32ps引き上げ、300psの大台へ乗せた。リンカーンは、「最大出力はアウディ『Q7』やアキュラ『MDX』よりも上。メルセデスベンツ『Rクラス』の302psに匹敵する」と自信を見せる。

4WD車が搭載する3.5リットルV型6気筒ツインターボ「エコブースト」は従来通り、最大出力355ps。サスペンションに、「CCD」と呼ばれる連続ダンピングコントロール機能が新採用され、優れたハンドリングと乗り心地が追求されている。

リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) リンカーンMKTの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11)