ベストペインターコンテスト開会式のようす

BASFコーティングスジャパンが主催する自動車補修用の水性塗料を用いた塗装技術者(ペインター)の技術競技会「ベストペインターコンテスト2011」の決勝大会が神奈川県横浜市の同社リフィニッシュコンピテンスセンターで開幕した。

18、19日の二日間に渡り、地域予選を勝ち抜いた8人のペインターが技術力を競う。

開会に先立ち、同社執行役員の久保田克彦氏は、「今年は震災があり、少しでも復興支援につながればという想いで本大会を開催しました。前回大会の第1回大会は2009年12月に開催しましたが、選手の真剣な取り組みが目に焼き付いています。今回、第2回大会が開催できる事を喜ばしく思います」と述べた。

18日には、筆記試験と正確に色を見分ける技術を競う「カラーリーディング」が行なわれる。19日には調色、塗装作業のほか、クリエイティビティタスクと呼ばれるデザイン競技も行なわれる。

選手たちは一様に緊張の面持ちで開会式に参加した。優勝者は2013年春に行なわれる予定の世界大会への切符を手にする事になる。

ベストペインターコンテスト開会式のようす ベストペインターコンテスト開会式のようす BASFコーティングスジャパン 久保田克彦氏 ベストペインターコンテスト開会式のようす ベストペインターコンテスト開会式のようす