スズキは、VWとの提携解消交渉を打ち切る(写真:スズキの鈴木修会長兼社長)

スズキは11月18日、フォルクスワーゲン(VW)との業務提携・資本提携の解消に向けた交渉を打ち切ると発表した。提携解消交渉が進展しないことから仲裁機関に判断を委ねることにした。

スズキはVWとの提携を解消するための包括契約を解除し、同日VWに通知した。また、スズキ株式のスズキまたはスズキの指定する第三者への処分をVWに要求する通知を行った。

スズキはVWと互いに独立したイコールパートナーとして2009年12月に包括契約に調印し、VWの技術へのアクセスを進めることに合意した。スズキでは、VWがスズキの株式を議決権ベースで19.89%を保有したのは、VWの技術へのアクセスを可能にするため、VWの申し入れを受けて行われたものとしている。

スズキでは「両社で合意したにもかかわらずコア技術へのアクセスなど契約内容が実現せず、スズキとVWとでは『独立』の考え方に大きな開きがあることも明らかになった」として相互信頼関係を失ったと主張。

そこで、スズキは10月14日にVWに対して契約違反通告書を送付した。契約に従って是正期間を与えたものの、期間内に是正措置が無く、再三にわたり、提携・資本関係の解消を円満協議により解決するようVW側に求めてきたが、協議に応じる回答を得られていない。

スズキでは包括契約を解除して速やかに相互資本関係を解消し、互いに契約以前の独立した関係に戻す必要があると主張。さらに、包括契約の解除後もスズキの同意無しに、VWがスズキ株式の保有比率を増減させることができないとしている。

VWがスズキ株式のスズキまたはスズキが指定する第三者への株式の処分を直ちに行わない場合、スズキは「真の独立」を再度確立するため、第三者への処分を求める仲裁を申し立てるとしている。