米国では月々399ドル(約3万円)のリース販売だけとなるホンダフィットEV(ロサンゼルスモーターショー11)

16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2011。ホンダが初公開した『フィットEV』の市販バージョンが、米国ではリース販売のみとなることが判明した。

これは、米国ホンダが明らかにしたもの。フィットEVは2012年夏から、カリフォルニア州とオレゴン州で先行発売されるが、月々399ドル(約3万円)のリース販売のみとなる。

また米国ホンダは、目安としてのフィットEVの車両価格を公表。ベース価格は3万6625ドル(約280万円)で、日産『リーフ』の3万5200ドル(約270万円)を若干上回る設定だ。

1回の充電で走行できる最大航続距離は、日産リーフ(米国仕様)が約160km。一方、ホンダのフィットEVは約200km。このあたりが、フィットEVのアピールポイントになりそうだ。

米国では月々399ドル(約3万円)のリース販売だけとなるホンダフィットEV(ロサンゼルスモーターショー11) 米国では月々399ドル(約3万円)のリース販売だけとなるホンダフィットEV(ロサンゼルスモーターショー11) 米国では月々399ドル(約3万円)のリース販売だけとなるホンダフィットEV(ロサンゼルスモーターショー11) 米国では月々399ドル(約3万円)のリース販売だけとなるホンダフィットEV(ロサンゼルスモーターショー11)