トヨタFCV-R

富士経済は17日、燃料電池システムと主要スタック部品市場について調査を実施し、その結果を報告書「2011年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望(下巻)」にまとめたと発表した。

今回、3月に発表した世界燃料電池システム市場調査をベースに、PEFC(固体高分子形燃料電池)、SOFC(固体酸化物形燃料電池)、DMFC(メタノール直接型燃料電池)の主要燃料電池システムのさらに詳細な調査を実施。燃料電池市場全体の将来を予測した。

PEFC、SOFC、DMFCの用途開発は多くの分野で進められており、この3タイプが創出する2025年の市場は燃料電池全市場の85%以上になると予測している。

中でもPEFCシステムは、燃料電池車が市場を支えて特に大きな市場になると期待される。日本はトップを切って燃料電池車の市場を立ち上げるべく、オールジャパンで取り組んでいるが、2025年には2010年比100倍以上、1兆3072億円の市場規模となると分析している。

日産エクストレイルFCV