VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11)

16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11。フォルクスワーゲンのブースでは、『ザ・ビートルRコンセプト』が北米プレミアを飾った。

同車は、『ザ・ビートル』の高性能モデルを示唆したコンセプトカーで、2011年9月のフランクフルトモーターショー11で初公開。今回もフランクフルトと同じモデルが展示されたが、フォルクスワーゲンからは新たな発表があった。

それは、エンジンに関するもの。フォルクスワーゲンは、「ビートルR」がデザインスタディと断った上で、「エンジンには『ビートルターボ』の200psを上回るパフォーマンスを与えるつもりだ。『ゴルフR』や『シロッコR』と近いスペックになるだろう」と明かしたのだ。

ゴルフRとシロッコRは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ(最大出力256ps、最大トルク33.7kgm)を搭載。ビートルRも、この256psターボを積んで登場することになるのだろうか。

VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11) VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11) VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11) VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11) VW ザ・ビートルRコンセプト(ロサンゼルスモーターショー11)