フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11)

フォードモーターは16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11において、新型『エスケープ』を初公開した。

エスケープは同社の小型SUV。2001年にデビューした初代モデルは、マツダと共同開発され、マツダ版は『トリビュート』を名乗った。2007年には、北米仕様が2代目に移行。しかし、日本などアジア太平洋市場向けには、2008年に大幅改良を施した初代エスケープが、引き続き販売されている。

今回のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアを飾ったのは、北米仕様の3代目エスケープ。また欧州や中国では、新型『クーガ』として発売されるなど、グローバル市場へ投入されることもアナウンスされた。

新型エスケープの大きな特徴といえるのが、流麗なスタイリング。2011年1月のデトロイトモーターショーに出品されたコンセプトカー、『VERTREK』のモチーフが強く反映されている。

エンジンは、フォード自慢の新世代環境エンジン、「エコブースト」を採用。新型エスケープ用のエコブーストは、1.6リットルと2.0リットルのいずれも4気筒ガソリン直噴ターボ。スペックは1.6リットルが173ps、24.5kgm、2.0リットルが237ps、34.6kgm。フォードモーターによると、従来比で最大2.1km/リットルの燃費向上を果たしているという。

フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11) フォード エスケープ(ロサンゼルスモーターショー11)