レクサスGS450h

トヨタ自動車は、第42回東京モーターショー2011に、レクサス『GS』シリーズの次期型を日本初出展すると発表した。

次期GSは、次世代レクサスの先駆モデルで、今後のレクサス車の方向性を象徴するクルマとしてデザイン、走り、先進技術を高い次元で具現化したモデル。『LFA』、『CT』、『GS』と進化するブランドのレクサスは、日本発「真のグローバルプレミアムブランド」としての独自性と存在感を一層高めていくとしている。

新型GSシリーズは、GSの語源である「グラン・ツーリング・セダン」としての基本要件である大人4人が高速で快適に長時間移動できる空間を実現する。その上で、基本性能の飛躍的進化と先進技術の採用で次世代レクサスとして昇華した。

デザインは「L-finesse」の新たな可能性と機能を追求、確立した「スピンドルグリル」が、次世代レクサスデザインの記号性と圧倒的な存在感を創出する。車両サイズは現行型とほぼ同様のサイズとするなかで、室内スペースの最大化を追求した。世界初となる12.3インチワイドディスプレイや先進的なアナログクロック、多機能シートなども採用する。

『GS450h』は、燃料噴射圧をより高圧縮化した次世代D-4Sとアトキンソンサイクルを採用した新開発3.5リットルV6エンジン「2GR-FXE」を搭載し、FRハイブリッド技術との世界初となる組み合わせを実現する。FRハイブリッドセダンのパイオニアとして、ハイパワーとエコロジーの融合を高い次元で確立する。

パワーコントロールユニットの刷新や2段変速リダクション機構付きのハイブリッド専用トランスミッションの摩擦損失低減などにより、スムーズでエモーショナルな加速と圧倒的な低燃費を実現する。

また、小型化した2段積みハイブリッドバッテリーの採用や、新開発のリヤサスペンションレイアウトにより、ラゲージ容量を現行型比約1.5倍の465リットルに拡大し、ゴルフバッグ4セットを収納できる広い荷室空間と優れた積載性を実現した。

新型GSは2012年初頭から販売開始する予定。

レクサスGS450h レクサスGS450h レクサスGS450h レクサスGS450h レクサスGS450h