マイバッハのベルリン・キャリッジ

16日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー11。同ショーの主催団体は、「第8回デザインチャレンジ」にエントリーする各社の作品を発表した。メルセデスベンツの超高級車ブランド、マイバッハは『ベルリン・キャリッジ』だ。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例行事。米国カリフォルニア州(それ以外も参加可)にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2011年は、ホンダ、ヒュンダイ、メルセデスベンツ、マイバッハ、スマート、スバルの6ブランドがリストに名を連ねる。

今年のテーマは、「ハリウッド映画に起用するホットな次世代車」。創造性やブランドの魅力が表現された次世代ムービーカーのデザインを競い合う。

マイバッハの作品は、ベルリン・キャリッジ。メルセデスベンツの大型SUV、『GLクラス』をベースにしたEV(または燃料電池車)のプロトタイプである。

映画のストーリーは、主人公シンディーの恋物語。ベルリン・キャリッジの自動運転システム、ラウンジ風のキャビン、特大のプライバシー保護ガラス付きガルウィングドアなどが、シンディーの恋をサポートするという想定だ。

マイバッハのベルリン・キャリッジ マイバッハのベルリン・キャリッジ マイバッハのベルリン・キャリッジ マイバッハのベルリン・キャリッジ マイバッハのベルリン・キャリッジ