JX日鉱日石エネルギーは、12月15日から17日に東京ビッグサイトで開催される国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」にブース出展すると発表した。

展示ブースでは、子どもが楽しく環境について考えてもらえる体験プログラムや、プレゼント付きクイズなどを通じ、10月に発売した新型の家庭用燃料電池「エネファーム」など、同社の環境への取り組みを紹介する。

また、12月16日に同時開催される「第7回女性が考えるエネルギーの未来シンポジウム」に協賛する。シンポジウムは「これからの家庭のエネルギー〜家で電気を貯める時代へ〜」をテーマに、八木沼純子さんトークショーや根本美緒さんらによるパネルディスカッションが開催される。

同社は、JXグループが基本理念に掲げる行動指針「新しい発想」「社会との共生」「地球環境との調和」のもと、エコプロダクツへの参加を通して来場者の環境への取り組みをサポートする。