イメージ

12日午後2時55分ごろ、愛媛県新居浜市内の松山自動車道下り線で、トンネル内を走行していたマイクロバスが道路左側の壁面に衝突。弾みで乗客1人が車外に投げ出される事故が起きた。この事故で投げ出された1人が死亡、8人が打撲などの軽傷を負っている。

愛媛県警・高速隊によると、現場は新居浜市立川町付近で片側2車線の緩やかな右カーブ。マイクロバスは山根トンネル(全長1390m)内を走行中に道路左側の壁面に衝突。弾みで同乗していた56歳の女性が車外に投げ出された。

女性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。他の乗客8人も打撲などの軽傷を負い、治療を受けている。

警察はバスを運転していた大阪府和泉市内に在住する36歳の男を自動車運転過失致死の現行犯で逮捕。調べに対しては「前をよく見ていなかった」などと供述しているようだ。

バスは大阪府貝塚市内の会社が所有。死傷した9人は同市内に在住し、1泊2日の日程で道後温泉への旅行中だった。