12日午前4時5分ごろ、千葉県千葉市中央区内の国道357号で、同方向に進行していたとみられる乗用車同士が衝突する事故が起きた。このうち1台のクルマに乗っていた19歳の男性が死亡。もう1台の運転者はクルマを現場に放置して逃走している。

千葉県警・千葉中央署によると、現場は千葉市中央区寒川町3丁目付近で片側3車線の直線区間。通行人が中央分離帯に衝突し、車線を塞ぐように横向きで停車していた乗用車を発見。警察に届け出た。

これを受けて現場へ急行した同署員は、約50m離れた歩道に乗り上げて止まっていた別の乗用車を発見。このクルマの運転席で意識を失っていた若い男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡した。後の調べで、市原市内に在住する19歳の男性と判明している。

事故を起こしたのは2台とも盗難車両で、同方向に進行していた際に衝突した可能性が高いことも判明した。中央分離帯に接触した側のクルマの運転者は車両を放置して逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。事故当時の目撃者探しを行っている。