国土交通省は16日、千葉市内でバスジャック事件が発生したことを受け、バス輸送の犯罪対策を再徹底するよう日本バス協会などに文書で要請した。

事件は同日、千葉市中央区で、運行中の路線バスに刃物を持った男が乗り込み、乗客乗員を人質にして車内に立てこもり、その後警察官により男の身柄が確保され、人質となっていたな女性も無事保護された。

要請文書では、日本バス協会が作成したバスジャック統一対応マニュアルに基づき、乗務員や事業者の対応、連絡・報告体制の構築について再徹底を求めたほか、各都道府県警察等の関係機関と連携し、定期的にバスジャック対策訓練を実施するよう促した。