オーテックジャパン

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは15日、同社の国内向け販売台数が累計100万台に達したと発表した。

オーテックジャパンは、1986年9月17日に「多品種少量生産の特装エンジニアリング会社」として設立。従来型の大量生産方式とは異なった個性的で機能的なクルマを開発・生産・販売してきた。

現在は、ユーザーの個性化ニーズに応えるカスタムカーや、クルマへの乗り降りをサポートするライフケアビークル、ビジネス用車両など、幅広いラインアップを展開している。

国内累計販売台数100万台達成について、吉田衛社長は「100万台をオーテック創立25周年という節目の年に達成できたことを、ユーザー、日産販売会社、サプライヤーに感謝する。当社の技術・デザイン・機能を持った商品が多くの支持を得たことは、数字以上の価値があるものと考えている」とコメントした。