トヨタ FCV-R

トヨタ自動車は15日、東京モーターショー2011で次世代燃料電池車のコンセプトモデル『FCV-R』を世界初公開することを明らかにした。

燃料電池車は、水素を燃料とする電気自動車のバリエーションのひとつ。走行中に排出するのは水のみで、排気ガスやCO2を出さないクリーンな次世代車として注目されている。トヨタは2015年頃からの市場導入に向け、実用性の高い燃料電池車のコンセプトとしてFCV-Rを提案する。

FCV-Rは専用ボディの床下にユニットを配置することで、広い室内空間と4名乗車を可能とした。シルエットは『プリウス』に似るが、全長4745mm×全幅1790mm×全高1510mmとひとまわり大きい。

70MPaの高圧水素タンクを搭載し、航続距離は約700km以上を実現する。

トヨタ FCV-R トヨタ FCV-R トヨタ FCV-R トヨタ FCV-R トヨタ FCV-R