スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11)

16日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー11。同ショーの主催団体は、「第8回デザインチャレンジ」に参加する各社の作品を公開した。スバルは、『ホライズン』(HORIZON)で勝負する。

デザインチャレンジは、ロサンゼルスモーターショーの恒例イベント。米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーによるデザインコンペティションだ。2011年は、ホンダ、ヒュンダイ、メルセデスベンツ、マイバッハ、スマート、スバルの6ブランドがエントリーした。

今年のテーマは、「ハリウッド映画に起用するホットな次世代車」。創造性やブランドの魅力が表現された次世代ムービーカーのデザインを競い合う。

スバルはアクションスリラー映画、『ディバイディッド』(DIVIDED)がテーマ。地球の自転が止まって200年後が舞台で、そこでは地球は日中圏と夜間圏の2つに分裂。人類は太陽光の有害な電磁波を避けるため、夜間圏で高度に発展した文明の中で生活していた。

しかし、発電用の燃料や結晶希金属が枯渇。これらの資源が存在する危険な日中圏へ、4名の冒険チームが旅立つ。

そのために開発された車が、ホライズン。日中圏の強力な電磁波、焼き付くような熱、荒れ狂う嵐に耐えるために設計されたという想定だ。

スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11) スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11) スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11) スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11) スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11) スバルのホライズン(ロサンゼルスモーターショー11)