トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア)

トヨタ自動車は15日、コンパクトクラスのハイブリッド専用モデル『AQUA(アクア)』を東京モーターショーに世界初出展すると発表した。

アクアは、全長4mを切る取り回しの良いボディに、1.5リットルエンジンと高出力モーターを組み合わせた最新の小型軽量ハイブリッドシステムを搭載、10・15モード走行燃費は40km/リットル程度(JC08モード走行:35km/リットル)と『プリウス』を超える見込み。

日本市場において2011年12月下旬に発売予定。日本での発売を皮切りに、順次、世界各国・各地域での発売を予定しており、日本以外の国では『プリウスc』の車名で発売する。

トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア) トヨタは、東京モーターショーでコンパクトモデルのハイブリッドカーを初公開する(写真:トヨタ アクア)