日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『Townpod(タウンポッド)』のインテリアは、プライベートユースとプロ空間との2つのゾーンに分かれている。

商品企画本部先行商品企画室アシスタントマネージャーの潮崎達也さんによると、「前席はプライベートユースを意識し、スタイリッシュなデザイン。後席はプロフェッショナルユースとしてフレキシブルに使える、しかも、ある程度スペースも持っていることで様々な使い方に対応できるようなプロ空間としています」という。

特に後席まわりには工夫が見られる。「フロントシートのシートバック部分に、後席を収納できます。プロの仕事で使うことのできる状況から、プライベートの乗用車、パッセンジャーカーとしての使い方もできるようになっているのです」(潮崎さん)。

具体的にデザインを開発した、グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロジェクト・デザイン・マネージャーの浅野康さんは、「(インテリアは)前半分と後ろ半分を割り切って、コントラストを強く、カラーリングも含めてデザインをしています。割り切りすぎてしまうと、別物になってしまうので、そこそこのハーモニーを出せるようなバランスを考えながらデザインをしました」と述べた。

日産 タウンポッド。後席をたたんだ状態 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》 日産 タウンポッド《撮影 トヨサキジュン》