14日、ロシアのサンクトペテルブルク工場でラインオフした新型トヨタ・カムリ

トヨタ自動車のロシア生産子会社、TMMR(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ロシア)は14日、サンクトペテルブルク工場において、新型『カムリ』の生産を開始した。

同工場では2007年12月、先代カムリの現地生産をスタート。年産2万台の生産能力を持つ。2010年後半からは、新型の生産準備として、従業員の技術向上トレーニングを行ってきた。

ロシアで組み立てられる新型には、新開発の2.5リットル直列4気筒ガソリンと、改良版の3.5リットルV型6気筒ガソリンの2種類のエンジンを搭載。従来型比で、最大24%の燃費向上を実現する。トランスミッションは6速AT。

TMMRの松永良典ゼネラルディレクターは、「このモデルチェンジが、従業員の技術や知識を高める素晴らしい機会となった。我々は品質や安全性に自信を持っている」とコメントした。