エコアイランドプロジェクト

東芝は、英国の公益法人のエコアイランド・パートナーシップが英国ワイト島でスマートコミュニティを構築する「ワイト島エコアイランドプロジェクト」において、グローバルパートナーの1社として契約を締結したと発表した。

東芝は、プロジェクトの計画策定段階から参画し、スマートコミュニティを構築するためのさまざまな技術提案活動を行うとともに、IBMをはじめとする他のパートナー企業と連携しながらプロジェクトの実現に向け貢献していく。

ワイト島エコアイランドプロジェクトは、2020年までに太陽光、風力、潮力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーの発電所とスマートグリッドを整備し、エネルギーの自給自足を実現するとともに、余剰エネルギーは英国本土へ供給する。

将来的には、電気自動車(EV)なども普及させ、世界中のスマートコミュニティのモデルとなる都市を目指す。

東芝はすでに、島しょ型スマートコミュニティの実証事業として「宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム実証事業」に参画するとともに、「イタリア・ジェノバ市スマートシティプロジェクト」、「フランス・リヨン市スマートコミュニティ実証事業プロジェクト」など世界中の大規模都市型のスマートコミュニティ実証事業プロジェクトに参加している。これまでの経験・知見を活かしてワイト島エコアイランドプロジェクトに貢献していく。

エコアイランドプロジェクト