ダイハツ・ミライース

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(略祢RJC)は、11月15日に「2012年次RJCカーオブザイヤー」の最終選考を行ない、3部門の最優秀車両/技術を決定する。

11月1日に第一次選考会が行なわれ、3部門の6ベストが決定。それぞれ最優秀車両、技術を決定する。

2012年次 RJCカー オブ ザ イヤー(国産車)6ベスト
●ダイハツ『ミラ・イース』
●ホンダ『フィット・シャトル』
●マツダ『デミオ 13-SKYACTIV』
●日産『リーフ』
●トヨタ『プリウスα』
●スズキ『ソリオ』

2012年次 RJCカー オブ ザイヤー(インポート)6ベスト
●フィアット『500』/『500C』ツインエア
●アウディ『A1』
●BMW『1シリーズ』
●シトロエン『DS4』
●VW『パサート』/『パサートヴァリアント』
●ボルボ『S60』/『V60』

2012年次 RJC テクノロジー オブ ザ イヤー 6ベスト
●マツダ「SKYACTIV-G」
●マツダ「SKYACTIV-Drive」
●日産「リーフの電気自動車技術」
●トヨタ「コンパクトなリチウムイオンバッテリー」
●フィアット「TwinAirエンジン」
●ボルボ「フルオートブレーキシステム」

ホンダ・フィットシャトル マツダ・デミオ13-SKYACTIV 日産リーフ トヨタ・プリウスα スズキ・ソリオ