日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》

日産自動車が第42回東京モーターショーに出品する『ESFLOW(エスフロー)』のデザインは、先進的なところと古典的なスポーツカーのデザインを併せ持っている。

「先進的なところは、EVでないと難しいフードの低さなどです」とは、自身もスポーツカーを愛する商品企画本部先行商品企画室アシスタントマネージャーの潮崎達也さん。「同時に、古典的なロングノーズショートデッキというスタイルは維持したい。その両方のバランスを見ながらデザインしました」と述べる。

「一番アピールしたいのは、見るからにスポーツカーであること。これを感じてほしいです」

それは非常に小さいところまでのこだわりにも表れている。「スポーツカーですから、サイドブレーキを引いて自分で姿勢を崩したりなど、アグレッシブに運転したい人もいるだろうと考え、わざとレバー式のサイドブレーキを残しました」。見た目や、操作系では見えないところまでスポーツカーらしさにこだわり、わがままを言ったという。

潮崎さんは「ランプ類は日産の共通のモチーフがあり、その文法に沿った形のデザインになっています。よく『フェアレディZ』との関係を問われますが、全く無関係です」と語った。が、果たして……?

日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》 日産 エスフロー《撮影 トヨサキジュン》