首都高速道路は、、糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発活動である「世界糖尿病デー」の趣旨に賛同し、2011年11月14日18時00分〜24時00分まで、レインボーブリッジをブルーにライトアップする。

「世界糖尿病デー」は、2006年12月に国際連合で指定され、初の「世界糖尿病デー」を迎えた2007年11月14日、世界各地が糖尿病啓発のシンボルカラーであるブルーにライトアップされた。以降、日本でもこの時期は各地の建造物がライトアップされ、協力イベントや糖尿病の脅威を訴える講演会などが催されている。