日立機材は、太陽光発電システム『ソラシエ』を11月15日から販売開始すると発表した。

同社は8月から屋上システムとして3種の断熱パネル(屋上緑化・屋上防水・屋上保水)を発売した。地球環境問題や再生可能エネルギーへの関心が高まる中、今回これら屋上システムに、太陽光発電システムをラインナップに加える。

公共・産業用の太陽光発電システム導入のためのシステムインテグレーターとして太陽電池モジュールや関連部材の調達、システム設計、施工管理、保守までを顧客へワンストップで提供する。

ソラシエの発電規模は10〜100kWで、太陽電池モジュールは単結晶シリコン型・多結晶シリコン型・薄膜型・化合物型を用意する。

既存事業で培った建築部材の設計・施工技術や断熱パネルの防水・緑化技術との組み合わせにより、環境保全と省エネルギーに最適なシステムを提供していく。

2012年度に2億円、2013年度に5億円の販売を計画する。