ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》

東京・和光市の本田技術研究所で開かれたホンダロボティクス発表会。そこで披露されたASIMOの進化ぶりに、目を見張った。

駆け足は従来の早足程度(6km/h)から、駆け足(9km/h)へと格段に速くなった。不整地での歩行もより安定度を増した。従来型ではわずか3mmの段差が限度だったそうだが、新しいASIMOは20mmの段差までは難なく踏み越えていく。足場の傾きなどで重心がズレることによる身体の揺れに対し、瞬時に着地点を変えて踏ん張ることでバランスを取る、難度の高い歩行も可能になったのだ。

続いてジャンプを見せてくれたのだが、これがまた凄い。両足でのジャンプだけでなく、片足だけでジャンプする。ジャンプ、しかも片足で行なうには脚部のモーターにかなりのパワーが必要とされるだけでなく、片足で着地して立つための緻密なバランス制御が要求されるはずだ。

見ていると片足ジャンプの際、蹴り出す軸足以外は腕が動いて反動を打ち消しているように見えるが、それ以外の身体の動きはほとんど見られない。

おそらくバランスを取るための基準として、上体や片足を空中で固定しているように仮定した方が制御しやすい、ということもあるのだろう。人間はもっと自然に片足でジャンプし、上体も使って身体全体が上下動するが、無意識にバランスを取っているのだ。

まったくブレないASIMOの片足ジャンプ、それはそれでASIMOらしいと思わせた。

ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》 ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》 ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》 ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》 ホンダASIMO新型発表《撮影 高根英幸》