ヒュンダイ・ソラリス(海外名:アクセント)

欧州ビジネス評議会(AEB)は9日、10月のロシアにおける新車販売の結果を公表した。商用車を含めた総販売台数は24万0865台。前年同月比は27%増と伸びた。

ブランド別でトップに輝いたのはロシア自動車大手、アフトバスの乗用車ブランド、「ラーダ」。10月は4万9270台を売り上げた。しかし、前年同月比は3%減と後退する。販売の主力は『サマーラ』で、49%増の1万3948台と、ロシアで10月に最も売れた車となった。

大躍進を遂げたのは、2位のヒュンダイと、3位のGMのシボレー。10月実績は、ヒュンダイが前年同月比102%増の1万5537台、シボレーが41%増の1万5134台と、大幅増を記録した。ヒュンダイは新型車の『ソラリス』(海外名:『アクセント』)が1万0271台。シボレーは『ニーバ』が前年同月比75%増の5642台と牽引役を果たす。

以下、4位はキアで、前年同月比54%増の1万4771台と、ヒュンダイと並んで韓国メーカーは好調。5位の日産も伸びており、50%増の1万3671台。6位はルノーで、35%増の1万3607台を売り上げる。

ロシアの2011年1-10月累計新車販売は、前年同期比43%増の216万2504台。AEBのデビッド・トーマス会長は、「2011年通年では、255万台の販売が見込める」とコメントしている。

ラーダ・サマーラ GMシボレー・ニーバ