日本鉄鋼連盟は、日本政府が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の参加を表明したことに対して「総理のご決断に対し深く敬意を表します」との林田英治会長コメントを発表した。

鉄鋼連盟ではTPPを「自由貿易の推進によるわが国経済の競争力強化はもとより、国内における投資の促進、雇用の維持・拡大を実現する上で極めて大きな意味を持つもの」との認識を示す。

ただ、農業団体を中心にTPP参加を批判する声が強まっているため「政府は、国際的に健全な競争環境の維持・促進を図るべく、TPP実現に向けた確固たる意思を持って交渉に臨んでいただくことを強く期待」すると、している。