VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》

ストロベリーバスケットじゃなくなっちゃったけど、やっぱり『ゴルフカブリオレ』だわ! コレ正直な感想。実質3代目ゴルフベースだった頃から数えると、本当にお久しぶりのフルモデルチェンジなので、もう世代を超えて違うクルマになってはいるのだけれど、その時代時代に、誰もに安心してオススメできるNo.1オープンカーということだけは、変わらないんですもの。

まずなんたってボディの剛性感が高い! これだけ開口部が大きいのに、開けても閉めてもさほどフィーリングが変わらないのは、本当にお見事。閉めれば幌とは思えないほど静粛性が高いし、開けてもイヤな風の巻き込みはほとんどナシ。標準装備になったウインドディフレクターいらないから、その分も安くして! と言いたくなるくらい、穏やかな時間が流れているんです。

しかもこのルーフ、開けるのに9.5秒、閉めるのに11秒。しかも30km/hまでなら、走行中でも操作可能と便利なことこの上ナシ。ラゲッジも、ルーフの開閉に関係なく250リットルも確保されてる。「オープンカーだから仕方ないんだよ〜」といういい訳がまったく見当たらないんです。

このあまりの優等生ぶりに、いわゆるオープンカーフェロモンが薄いのが唯一の欠点かもしれないけれど、価格的にも399万9000円という、競争力のある価格で、このセグメントで唯一のエコカー減税。色気より実力の吸引力なのかもしれません。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフを楽しもう!」「クルマとエコと生活と」をモットー&テーマに、自動車専門誌を中心に、女性誌、TV、新聞、ウェブなどさまざまな媒体で、「世界中で 書いて・喋って・走って」活躍する女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティ、TVのワイドショーやバラエティ番組にも出演する。インプレッションのほか、チャイルドシートやカーグッズ、クルマ旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートする。国や都道府県、高速道路会社等の審議会や委員会の委員を兼任。自動車大学校の特別講師も務める。モータースポーツでは、ドライバーとして耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦する。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》 VW ゴルフカブリオレ《撮影 宮崎壮人》