ルノーカングー貸与式

ルノージャポンは、被災地支援の一環として東京電力福島第一原子力発電所の北西30〜50km圏に位置し政府から「計画的避難地域」に指定された福島県相馬郡飯舘村に、『カングー』2台を無償で貸与したと発表した。

貸与期間は11月9日から2012年5月8日までの6か月間の予定で、村の要請に応じて期間の延長にも応じる。

2台のカングーは、全村避難を余儀なくされた、県内外に離散している約6000人の村民に対する行政サービスを提供するために活用される予定。

ルノージャポンはこれまで被災地支援として多くの村民が避難している福島県双葉郡川内村、宮城、福島、岩手各県のルノー正規販売店、全国社会福祉協議会、災害支援NPO団体などにカングーを中心に合計19台の車両を提供している。

ルノーカングー(参考画像)