トヨタ田原工場(資料画像)

トヨタ自動車は11月11日、国内工場で11月21日から11月25日まで通常レベルで操業すると発表した。

タイ洪水の影響で一部の部品の供給が滞っているため、日本国内の車両工場についても10月24日から稼動レベルを調整。減産を行ってきた。

部品を確保できたことから11月21日から25日までは「ほぼ通常レベル」で稼動するが、11月28日以降の稼動については、部品調達の状況などを見ながら判断する、としている。