トヨタ、南アフリカ工場(資料画像)

トヨタ自動車は、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、南アフリカの車両工場で11月14日から始まる週の稼動レベルを減産すると発表した。

タイの洪水被害の影響で部品の供給が一部で確保できないため。

一方で、減産している北米の生産拠点は11月14日から始まる週から通常レベルの稼動に戻す。

いずれも11月21日以降の稼動については、今後、部品調達の状況などを見ながら判断すると、している。

10月10日から稼動を停止していたトヨタ・モーター・タイランドの工場は、11月21日から稼動を再開することを決めている。