GARMIN nuvi 3770V

『nuvi 3770V」は、は2011年秋に登場した、GARMINの最上位PNDモデル。ディスプレイサイズ4.3インチと、国産勢よりやや小さいコンパクトボディだが、高解像度WVGA光沢ディスプレイを採用し、画面周りの質感は大幅に向上した。

本体サイズは123mm×72mm×8.9mmで、iPhone4の横幅を10mmほど増やしたくらいの大きさ。前面はフルフラットで背面はヘアライン仕上げとなっている。重量は116グラムとiPhone4よりも軽い。

メモリ容量は8GB、MicroSDメモリスロットも側面に備える。地図データは交差点の拡大図や交通案内版にも対応し、住所データは3300万件、電話番号は800万件と非常に豊富だ。

特筆すべきポイントは非常に多い。まず、みちびき補完信号受信可能な最新の高感度GPSエンジン。渋滞情報をキャッチするFM-VICS対応、2本指で拡大、縮小操作ができるマルチタッチスクリーン。モーションセンサーによる縦位置表示対応。徒歩ナビで威力を発揮する電子コンパス搭載。などなど、列挙しただけでもかなりの量だ。

しかも、ここに挙げたのはnuviシリーズとしてはすべて初めて搭載された機能。いかに大きく進歩したモデルかがわかる。

もちろん、これまでのnuviシリーズの魅力を支えてきた個性的な機能はほとんど継承されている。機能が増えてもボタンは1つだけというシンプルさはそのまま。nuviシリーズが先駆けとなってライバルに広まった走行軌跡データの出力、活用も従来通りに可能だ。

世界三大デザイン賞の一つである2010ドイツ「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞するなど、先行して発売された欧州や北米の市場ではそのデザインや機能性が高く評価されている。

GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V GARMIN nuvi 3770V 太くくっきりと表示される道路、ルートは赤、曲がる方向は白い矢印で表示される。この分かりやすさがnuviシリーズの最大の特徴といえる。 交差点やジャンクションの詳細な拡大図もこのように表示される。左上にさりげなクレーン情報があることに注目。 パソコンでGoogleマップを開き、行きたい場所を見つけたら「その他」→「送信」をクリック。USB接続した本機にこの場所のデータを送信できる。 VICSの情報のうちどれを表示するかをA選択できる。 電子コンパスは徒歩ナビで役に立つだけでなく、独立したコンパス機能としても用意されている。この時選んだ都市の方角を矢印で表示する。 物理スイッチは上面右側にある電源/ロック機能兼用ボタンのみ。写真では見えないが右側面にmicroSDカードスロットがある。 とにかく「薄い!」が誰にとっても第一印象になるだろう。実物を見ると本当に1枚の板という感じだ。 本体を立てに持てば、縦位置表示になる。本体デザインと共に、スマートフォンと似ている部分だ。 吸盤マウントは従来モデルと同じ。本体を固定するブラケットはなんと裏面にスピーカーを内装しており、おかげで音声は非常に明瞭で聞き取りやすい。 最新のGPSエンジンの恩恵は位置精度よりもGPS信号をロストしない粘り強さとして実感できる。ちなみにこの画面は地図画面左上の棒グラフをタップすると表示される。 VICSを受信するとこのように表示される。赤が渋滞している道、緑が順調に流れている道、アイコンは工事中の場所だ。 裏面は金属カバーが覆う。全体に非常に高級感があり質感は申し分ない。下面にはマウントに取り付けるための電極とMicroUSB端子がある。 電源ケーブルの途中にこのようなボックスがあり、ここに付属のFMアンテナを接続する。FM-VICSを受信するためだ。