コンセプトカーとしてロサンゼルスモーターショー11に出品されるビュイック ラクロスGL

GMは9日、米国で16日に開幕するロサンゼルスモーターショー11に、ビュイックブランドのコンセプトカー、『ラクロスGL』を出品すると発表した。

同車は、ビュイックのフラッグシップサルーン、『ラクロス』をベースに、さらなる高級感を追求したスタディモデル。ボディカラーはレッドで、クロームのパーツが随所にあしらわれており、20インチサイズのアルミホイールが堂々の存在感を主張する。

インテリアは、レザーやウッドなど厳選した素材を使用。ダークブラウンとキャラメル色を組み合わせて、落ち着き感のある空間が表現された。

ビュイックのチーフデザイナー、デビッド・ライオン氏は「このビュイックGLの内装が、将来のビュイック車に反映されることになる」とコメントしている。

コンセプトカーとしてロサンゼルスモーターショー11に出品されるビュイック ラクロスGL コンセプトカーとしてロサンゼルスモーターショー11に出品されるビュイック ラクロスGL コンセプトカーとしてロサンゼルスモーターショー11に出品されるビュイック ラクロスGL コンセプトカーとしてロサンゼルスモーターショー11に出品されるビュイック ラクロスGL