ランドローバーDC100コンセプト(フランクフルトモーターショー11)

英国ランドローバーは10日、米国で16日に開幕するロサンゼルスモーターショー11に、『DC100コンセプト』の新バージョンを出品すると発表した。

DC100コンセプトは、2011年9月のフランクフルトモーターショー11で初公開。ランドローバーの長い伝統を継承するSUV、『ディフェンダー』の後継車を示唆したコンセプトカーで、ハードップとオープントップの『DC100スポーツコンセプト』の2台が展示された。

その後ランドローバーは、フランクフルトモーターショー11での来場者の声を分析。DC100コンセプトにアップデートを施し、ロサンゼルスモーターショー11で披露することを決めた。

現時点では写真は公開されていないが、ランドローバーによると、オフロード走破性を追求した新タイヤ&ホイールを採用。ボディカラーは、「ヘリテージブルー」と呼ばれる新色をまとって登場するという。

ランドローバーのラルフ・スペスCEOは、「米国は世界での成長に欠かせない重要マーケットであり、中でも南カリフォルニアはキーとなる市場」と語っている。

ランドローバーDC100コンセプト(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100コンセプト(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100コンセプト(フランクフルトモーターショー11)