三菱 ミラージュ デザインスケッチ

三菱自動車が第42回東京モーターショーに出品する『ミラージュ』。そのインテリアは出来るだけ明るく開放的な空間を目指したという。

インテリアデザインを担当したデザイン本部デザイン部の中屋裕史さんは「ダッシュボード周りの形状はシンプルなまとめ方をしていますが、出来るだけ横方向のキャラクターラインを強調するような線の構成にし、広々感を表現しました。他には、ダッシュボードの上面は出来るだけ丸みを増やすのではなく、逆に削ぎ落すような断面を採用しています。その結果、ボリュームが落ちることで圧迫感が無くなっていくというスタイリングにしました」という。

その上で、質感が落ちることがないよう、面質の作り込みやキャラクターラインをきれいに練り込んだ表現している。「デザイナーとしてはディテールが多い方がごまかしやすいので、(今回は)難しく時間がかかりました。シンプルが故に破たんが分かりやすいデザインなので苦労したのです」と話した。

全体にシンプルなまとめ方をしているが、それだけで終わらせていない。「センターパネルにはピアノブラックを採用し、ちょっと落ち着いた感じの加飾を施すことで上質な空間を狙っています」。その理由として「シルバーがかなり世の中にあふれていることや、幅広いターゲットの中で、年配の方も当然含まれてきますので、出来るだけ派手なものよりもしっとり落ち着いた雰囲気の方が、より多くのユーザーに共感してもらえるのではと、あえてハイコントラストな要素を増やさないような配慮をしたのです」。

室内カラーはアイボリーとブラックのツートン仕様だ(参考出品車の仕様)。「ツートンにしているのは広々感の演出と、ブラックは上質感を狙っています。ちょっと明るめのアイボリーを採用しているのは、より明るい雰囲気を作りたいという狙い。彩度を落としていくとややもするとモノトーンな感じに近づいて殺風景になりがちですが、そのあたりはカラーリストがちょうどいいところにチューニングしてくれました」と語った。

三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》