三菱 ミラージュ

三菱自動車は第42回東京モーターショーに『ミラージュ』を出品する。世界戦略車であるミラージュ。インテリアデザインのキーワードは“シンプルアンドクリーン”である。

デザイン本部デザイン部の中屋裕史さんは、インテリアをデザインするにあたり、「低燃費、低価格のために軽量化をしなければいけない。コストも抑えなければいけない。それに加えて、安いから安っぽく見えていいということではないので、いかに上質に見せるかということを考えました。その結果、造形的なものはあまり複雑にするのではなく、極力シンプルできれいにまとめていく方向がいいのではないか、と思い当たりました。」と語った。

さらに、「当初から軽自動車並みの予算だったので、それに対してチャレンジするのが今回のテーマでした」と開発の苦労を語る。

「センターパネル周りやメーターナセル周りは凝った造形、複雑な形をしているクルマが多いですが、そのあたりのデザインはシンプルにまとめることで、部品点数を抑えました。それ以外には、シンプルな部品構成で、細かく部品を分割しないようにしました。それにより部品のあわせ制度などの品質管理がしやすくなるので、最終的な質感を上げることも出来るのです」

また、このようにシンプルな部品構成とすることで軽量化にもつながった。「部品の分割を極力なくし、少なくすることで軽くなりますし、実際にも樹脂の厚みを薄くしたりしました」と話す。「部品ひとつで大きく作ると、デザインの制約が増えます。つまり、デザインの初期段階でこのような設計構想をある程度にらんだ上でキャラクターラインを決めていくような作り方をしないと、あとで設計構想を入れようとすると合わなくなってしまうのです」と、当初からの考えを実現に移したことを語った。

三菱 ミラージュ 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ《撮影 野口岳彦》