6日午前2時ごろ、山口県周南市内の市道で信号待ちをしていた2台のクルマに対し、後方から進行してきた乗用車が接触。そのまま逃走した。パトカーが追跡したが、クルマは猛スピードで走行中に路外へ逸脱。道路沿いの商店を兼ねた民家に突っ込んでいる。

山口県警・周南署によると、現場は周南市飯島町付近で片側1車線の直線区間。信号待ちをしていた乗用車とタクシーに対し、後方から進行してきた別の乗用車が接触したのを近くにいた同署パトカーが目撃。接触側の乗用車はそのまま逃走したため、ただちに追跡を開始した。

乗用車は約1kmに渡って逃走。周南市河東町付近の県道を走行中に道路左側の路外へ逸脱し、道路沿いにある電器店を兼ねた民家に突っ込んだ。

クルマは大破し、運転していた山口市内に在住する27歳の男性は胸部を強打する重傷。電器店も1階部分が大破したが、住人は2階部分にいたためケガはなかった。

運転していた男からはアルコール分が検出されており、警察では飲酒運転の疑いもあるとして、男の回復を待って道路交通法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)容疑で事情を聞く方針だ。